前回は、twitterについて紹介しました。

今回は、Facebook です。

これもメジャーなサービスですね。

twitterと違って、もっとたくさんの情報を投稿することができます。

ただし、Facebookでは、実名公開が基本です。
twitterの場合は、実名公開ではありませんでしたので、ペンネーム的なものを設定し投稿することができました。
つまり、匿名性があったんですね。
とはいっても、掲示板のように全くの匿名というわけではなく、少なくとも登録したユーザーというレベルでは
その存在が特定されているわけです。

しかし、Facebookの場合は、本当に実名で登録し、投稿することになります。

ただ、情報発信のツールというより、SNSなので基本的には仲間内に向けて投稿するような使い方をします。
でも、外部に公開することもできるんですね。

広まり始めた最初のころは、友達に向けて投稿したつもりのうちわネタが、実は全世界に公開されてしまっていたなんて問題も起きていましたね。

さて、何度も書きましたが、実名公開というところがみそですね。

実名で公開したくないなら、やめておいたほうがよいですね。
用途や目的を考えて、挑戦してみましょう。



 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

広告

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM